CITY-Xにチューブパイプフロントバスケットを装着

カスタム(CITY-X)

CITY-Xの前カゴはオプションなので付けました、やっぱりカゴがないと不便なので

準備したのはOGKのチューブパイプフロントバスケット(FB-065)


同じYAMAHAのチャイルドシート装着のママチャリに標準装備されているやつです
ビニールの買い物袋とか破れにくそうだな~と思ったのと錆が出ないのが決め手
底面の後ろ側には水抜き穴?っぽいものが見えます、重さは925g

付属の取り付け金具と説明書、留め具のパーツはカゴの内部に面するものは樹脂製で荷物に傷をつけにくいようにしているようです。

そのまま仮乗せしてみると、角度が合ってないので後ろ側に隙間があります。

底面はこんな感じ、穴の位置は大丈夫そう

とりあえず後ろ側の隙間をどうしようか~としばらく悩みましたが結局「基部を引っ張って曲げて合わせる」で解決
前の部分を握ってじわーっと上に持ち上げつつゆっくり曲げていくときちんと合うように
でもカゴが少し後ろに傾いた感じになりましたが、このくらいなら誤差かな?

錆びると嫌なのでボルトは底面部分20mm、背面部分は25mmのステンレスネジに交換し固定、ナットもステンレスのゆるみ止めナットを使用
注意事項としては径は5mmのボルトナットを使用すること、取り付け金具も基部側の穴も5mmのボルト用で作ってあるようで6mmのボルトは使えません。


取り付け後はこんな感じに

オシャレとは言い難いけど実用重視ということで

追記
乗ってみるとリアブレーキワイヤーのチューブが接触してカタカタとやかましいのでショックコードを緩く結び対処

あと荷物が段差などで跳ね飛ばないようにするためのショックコードを取り付け

カスタム(CITY-X)

Posted by カイトス