セロー250にMDFグラフィックキットを貼ってみる

外装・ドレスアップ

寒さと仕事でめっきり更新も減ってバイクも乗ってませんでしたが落ち着いてきたので記事をば。
うちのセローのカラーは赤白です。
赤色を選んだことは後悔してないのですが、ちょっとイメージチェンジしたくなり
MDFのグラフィックを買ってみました。
カラースプレーなどで塗りなおすなんて事も考えましたが
オフ車の樹脂の外装はどうしても剥がれなどがおきやすくあまりよろしく無いとこのとなので
ちょっと高かったけどグラフィックデカールにしときました。
方針としては「元々の赤色を活かす」
買ったのはMDFのセロー250用の前半分
MDFグラフィック セロー250用
・Fフェンダー(FIREROAD 赤)
・ヘッドライトカウル(FIREROAD 赤)
・タンク(ATTACKER 赤)
シェラウドは元々樹脂の色が赤い為パス
他の部分は予算の都合と他の小さいシール類の余白用ということでパスです
シールの赤色は元々のセローのシールの色とほぼ同じ感じです。

まずFフェンダーとヘッドライトを取り外し
ヘッドライトは下の黒いところがグラブバーに引っかかりますが少し曲げてあげると取れます

Fフェンダーの中央のシールはMDFのものと干渉しなさそうだったのはそのまま残す方向で
ヘッドライトのシールはドライヤーを当てつつユックリ剥がします。

細かい傷などを紙ヤスリでならして、パーツクリナーで脱脂

貼らない部分も作業中に触りそうな場所は全部脱脂します。
いよいよ貼り付け
台紙ごとおおよそ切り取って場所決め

→曲面がありほんとにおおよそにしか決められなかった・・・
MDFのHPにあるように霧吹き(600CC)に台所洗剤を3滴投下したもの用意
気泡が出来にくくなるそうな

Fフェンダーにもシールのほうにも十分にブシュブシュと吹きかけて貼り付け

ココから悪戦苦闘
・・・位置が・・・
・・・シワが・・・
・・・はみ出してる・・・
・・・乾いてきた・・・ブシュブシュ!
・・・位置が・・・
5回ほど繰り返し、なんとなく良いかな?というところでドライヤーで暖めてシワトリ

でも結局シワが残ってしまいました・・・予想以上に難しい

シールの形状は車体に合わせてあるのですが、そのままではピシッと張るのは難しいです。
HPにあったの貼り付け方法は見ていたのですが、ちょっと残念
でも1メートル離れればわからないかな?ということで納得させて次へ

ヘッドライト


タンク


タンクの上半分が無くなってますが・・・
どうにもうまく位置を決められず大きなシワができるのが確実だったため切り落としました。
一部は再利用

出来上がりはこんな感じ
セロー250にMDFグラフィック貼り付け後
MDF

水泡のようなものが少しできてますがあとで蒸発するらしいので定着するまでしばし放置です。
今後は徐々にシールとかテープで赤黒化していこうかなと構想ちゅう
最後の作業工程で「指で淵を揉んで馴染ませる」ってものがありますので忘れないように
これをシッカリしておくと剥がれにくくなるそうです。
親指にマメができました・・・どうかはがれませんように・・・
どの箇所もドライヤーでのシワ伸ばし作業は必須です。
MDFでは貼り付けサービスもやってるらしいので、キレイに貼りたい人はそっちを利用するか
慣れたお店に頼むほうが良いかもしれません。
もう同じ貼り付けをしても完璧にできる気がしませんので(´・ω・`)