セロー250のバッテリーチェック方法

メンテ(重点)

言うまでも無くFI車はバッテリーが命(´・ω・`)
セロー250にモデルチェンジしてからキックスターターのオプションは
ありませんのでバッテリーは気をつけておかないと困ったことになります。
前に診断モード「dIAG」によるタコメータのことを紹介しましたが
バッテリーの電圧もまたこの診断モードで見ることができます。
※インジェクション仕様の機能らしくキャブ仕様のセロー250では使えない模様です
※18年式セローからはdIAG機能は使えなくなったようです
1.キーをOFFの状態で「SELECTボタン」と「RESETボタン」を同時に押しっぱなしにして

2.キーをONにする、ボタンはずっと押しっぱなし
3.しばらくするとディスプレイに「dIAG」と表示されるのでいったんボタンを離す

4.もう1回「SELECTボタン」と「RESETボタン」を同時に押しっぱなしする
5.しばらくすると「d01: xx」と表示される

6.「SELECTボタン」を押して「d09:」を表示する、これがバッテリー電圧

7.終わるときはキーをoffにする
この「d09:」の右に表示されているのがバッテリーの電圧です
ボタンを01から09にするときにモーター音がしたりしますが、
それぞれの数値にチェック機能の意味がありそのチェックに必要なので作動してるっぽいで気にしなくて良いかも
(ちなみに「d01:」はスロットル角度です、この状態でアクセルを捻ると数値が変動します。)
規定値は「約12V」・・・四捨五入で12Vならいいのかな・・
今のところ大丈夫みたい
ちょっと年月を経たセローは定期的にチェックしてみたほうがいいかもしれません
少し乗らないだけで電圧減ってるようなら注意かも
でも純正のバッテリー高いですよね・・・でも安いバッテリー使うのも気が引けます・・
今のが長持ちしてくれるといいなぁ

メンテ(重点)

Posted by カイトス