セローにディスクロックホルダーを設置

外装・ドレスアップ

ZENAのディスクロックを持っているのですがこれが結構重量
ポケットに入れていくには重すぎ大きすぎ
ZENAのディスクロック
転倒してゴリッってなるのもいやなので
サイドバックとかに挟んだり入れてたり、あるいは持って行かなかったりしてたのですが
持って行ったとしても出し入れがメンドクサクなってきたので格納場所として
ディスクロックホルダーを設置することにしました。
セローの何処に設置するかというとろですが取り付けられる場所は限られてます。
ディスクロックの重量からするとリアキャリアの付近は動きが大きすぎだし
キャリア部分への負荷も馬鹿にならないのでパス(あとサイドバックもついてるので)
なのでタンデムステップのところに付けます

準備したのはホームセンターで買ってきた少し厚めのステー
とボルト少々、あとは建材のラバーっぽいやつ

まず適当に切ったラバーっぽいやつにポンチで穴を開けます
そこにボルトを無理やり押し込み固定
余分なラバーを切り落とし完成
このラバーでガタツキ防止とカギへのダメージ緩和を狙ってます。
あと前後のボルトをストッパーにしてディスクロックが外れないようにしてます。

あとはステップを外して部品を取り付け
こんな感じ



リアサスを縮めた状態でも丁度チェーンガードにも干渉せずとりあえずは大丈夫かな
タンデムステップを上から固定もできましたが元々後ろに加重した時とかに足に当たってたのが気になってたし
後ろに人を乗せるつもりも予定もないのでこの際に左右両方とも外してしまいます。
タンデムステップを外したけどディスクロックが増えたので軽量化にはなってませんが
使い勝手はよくなったかな?
この方式だと大概のディスクロックは搭載可能と思われます。
本格的な走りをする人は邪魔かもですが・・・
さらにココにヘルメットホルダーをつけられないかな~と思ったりもしましたが
今回は諦めて今後の課題ということで
これを設置してから乗っていないのでまだなんともいえませんが
なにか不具合がでたらもう一度考え直さないと・・・多分大丈夫とは思うのですがね
追記
右側のタンデムステップも外してしまったのですがマフラーが露出しているのが気になって
曲げたステーをはめてガードしてみました。
ナイロンパンツが接触して溶けたらいやなので・・・
輻射熱とか伝導熱でこのステー自体も結構な温度になりますが直に接触するよりはましかと
でもあんまりカッコ良くはないですな・・でも目立たないからそのまま放置です。