グローブホルダー自作

外装・ドレスアップ

バイク雑誌を立ち読みしててグローブホルダーというものがふと目に止まりました。
デイトナのタンクグローブホルダーというやつです。
思い起こしてみればグローブを車体の向こう側に落として回り込んで拾ったことは何回もあるし
バイクにまたがった状態で下に落として降りて拾ったりすることもしばしば・・・あると便利かも?
ということでプチカスタム実施
売ってるのは吸盤でくっつくタイプのようですがセローだと位置的に脚にかかりそうだし
吸盤では固定に不安があったので、ゴムひもを車体に結びました。

ゴム紐といっても登山用品店でまとめ買いしてあるテント用バンジーコードですので丈夫です。
ゴムの張り調整やタンクを外すときに邪魔にならないようにこんな感じに

サイドカバーなどを外さなくてもカバーの隙間から張り調整できます。
そしてこんな感じに


無くてもさほど困らないものですが、すこーし便利さアップです。
ほぼ意味がなかったタンクパッドもこれで存在意義ができたかな?