セロー250のフロントフェンダーバタつき防止加工

外装・ドレスアップ

セローおじさんの記事にセローのフロントフェンダーのバタつきを押さえる加工があったのでマネしてみました。
加工は方法はフェンダーの取り付けボルトのトコにあるワッシャーを前後入れ替えるというもの
フェンダーを外すとボルト穴のとこにワッシャーがあります。
セロー250のフロントフェンダー
外してみると後ろ側が厚みがあるものが付いてます。

これを取り外し前後入れ替えます。厚いほうを前に

入れ替え前

入れ替え後

約15mmくらい?先端が下がりました。
この前傾によって風圧をうまく対処できるようになるとのこと
あと取付け時に段差による多少の歪みがフェンダーに発生してるきがします。
たぶんこの応力がフェンダーの強度も上げてたり?するかも
結果:
確かにバタつきが減っています。
以前はある程度の速度で走ってるとフェンダーの先端がブルブルしてて
「分身の術」かのような状態だったのですがそれが随分押さえられてます。
路面の凹凸由来のフェンダー揺れはありますが、バタつきについては振幅も振動数も随分減った感じ
言い表しにくいけどそんな感じ
乗ってるとフェンダーの先端が目に入るのですよね、いつも「ブルブルしてるなぁ・・・」とは思ってたのですが
フェンダースタビライザー付けるのもちょっとな~と解決を先送りしてたのですがコレでほぼ解決しました。
あと外観がほんの少し「シュッ」となったような気がする (´・ω・`)   
セロー250SEROW250