セロー250のヘッドライトカウルいじり

外装・ドレスアップ

以前に取り付けした元XT250Xのヘッドライトカウルのオデコ部分ですが
取って付けた感が否めないのがやっぱり気になりだして止まらない

もっとシッカリ感を出すには~と考えましてやっぱりボルト止めだという結論に
色々試行錯誤の末にオニメナットをヘッドライトカウルに付けてみることにしました
まず今まで付けてたのを取り付けしやすいように邪魔な部分をカット

こんなイメージの予定

穴を開ける為にライトユニットを取り外し裏側に光漏れ用のウレタンっぽいモノが貼ってありますがこれは外しちゃいます
(自分は以前剥がしてるので代用品ですが、純正も脆いのですぐ破けます・・・)

外したら色々定規をあてて測った位置にドリルでグリグリ~と穴あけ

6mmのオニメナットを

厚みが足りないのでレベルスペーサーを切り刻んで足しつつ内側から取り付けて

こんな感じに

強度を心配してましたが、この部分はカウルが2枚合わさったところで厚みもちょっと多め
結構シッカリしてます
そのまま止めると隙間が大きかったのでまたしてもレベルスペーサーを刻んでスペーサー代わりにしてこんな感じに

う~ん・・・なんか微妙だが
ひとまずナットの取り付けは終わったのでライトユニットを戻して背面の光漏れカバーも作り直して
(光漏れカバーは光が漏れなきゃなんでもいいと思います)

バイクにヘッドライトを戻してみる

なんとなく小さいというか、シールも作業途中ではがしちゃったので河童の皿みたい?刻みすぎたか・・・
黒く塗ってもすぐ剝がれそうだし・・・
ってことでリカバリの意味で黒いスクリーンをちょっと作成
買い置きしておいたPET樹脂板(1mm)を適当にカットし
さらにPPクラフトシートを上から両面テープに張りつけて中央に折り目をちょっと入れまして

車体に付けてみると

斜めからみるとなんとなくカバーしきれてない・・・もうちょっと横幅があったほうが良かったか
でもそうなると1サイズ大きいPET樹脂板がいるのでひとまずこれで
色々やってるうちにRAMマウントのとこもなんだかスッキリしたい気分になり

タコメーターはメーターの上にベルクロを貼った塩ビを張りつけ移設

RAMマウントは以前買っていた短いものに交換しガーミンのマウントとヘッドライトの位置を調整

こんなんで

走ってみるとちょこっとスクリーンの効果?というか影響?喉元に余計に風がきてるような?あとはよくわかりません・・・
今回のナット追加でスクリーンは色々簡単に装着できそうな感じなので
ステーとかスクリーンとか追々また考えていこうかなと思います
あとは光漏れがちょいとあるようなのでスポンジを追加で対処

見た目がちょっとスッキリしたししばらくはコレにて