セロー250のストップランプ交換

電装系

LED球に交換してみました
用意したのは M&H マツシマ L724 R&W
(※2013年追記:モデルチェンジしてL8184 R&Wが最新のようです)
M&H マツシマ L724 R&W
ストップランプのカバー外しがメンドクサイと聞いていたのですが
まさしくその通りめんどくさかったです・・・


6角レンチでチョコチョコ回します、ひたすら回します
片側だけを全部緩めようとすると後ろがつっかえるので半分までいったらもう片方って感じで外しました
セロー250のブレーキランプ交換
バルブは軽く押し込みつつ捻ると簡単に取れました。

装着!

また必死にチョコチョコ回してカバーを戻して完了
比較です(カメラの設定を同じに固定して撮影)
※実際の見た目と違いますが比較用ということで・・・
左:交換前             右:交換後


純正のバルブよりは暗くなった様子だけど視認は十分かなと思います。
LEDの特性上光量の減少はしょうがないところでしょうか。
長持ちするとは聞いてますがどれくらい持つのだろうか
もうカバーをあけなくて済みますように・・・
今回知ったマメ知識:
白色のLEDは非常に明るいですが波長の特性上赤レンズの透過性が低いのだそうです
赤レンズの時は赤色LEDのほうが実際に明るくなるとのことです。
赤いレンズだからといって白色のみのLEDは選択しないほうがいいかも
※2013年追記:モデルチェンジしてL8184 R&Wが最新のようです

電装系

Posted by カイトス